Wedding Party Image

結婚披露宴のワイシャツの柄について

結婚披露宴に招待されるようになる年齢というものがあります。
親類等の結婚式の場合ですと、子供の頃からも親と一緒に招待されるケースがございますが、小さい頃であれば、基本的には親が服装を選びまして、結婚式に相応しい感じの衣装で出席することになります。
女の子であればとても可愛らしいドレスだったりしますし、男の子であれば子供用のスーツであったりして、これはこれでとても可愛らしいものとなります。
そして、社会人になりますと、仕事関係の人の結婚式であったり、親戚関係の人の結婚式であったり、友人関係の人の結婚式であったりと、とても幅広い人の結婚式に招待されるようになるものです。
大人になってから招待されることになりますと、それなりに挙式であったり、披露宴でも恥ずかしくない格好をしていくことになるわけですが、オーソドックスとしては、礼服になってきます。
礼服の場合であれば、中に着用するワイシャツというものは基本的に白が主流となりますし、白の方がとても清潔感もございますし、見た目としてもかなり良いと言えます。
親類関係の披露宴で招待される大人であれば、やはり、このような服装で出席するケースが一般的になってきます。


礼服であれば、どのような方の結婚式であったとしても、格好はつきますから、とても便利なアイテムと言って良いでしょう。
そして、友人関係の方の結婚式であっても、礼服を着用して中に着るワイシャツは白であれば、まず間違いないのですが、友人の場合ですと、少しお洒落な感じで出席される人も結構います。
男性の場合、仕事で普段着用しているようなおとなしい感じのスーツに、中のワイシャツは少し色が入ったものを着用しても問題ありません。
こうした着こなしですと、とても若々しい感じになります。
このように、誰の結婚式に出席をするかによりまして、スーツの柄であったり、中に着るワイシャツというものは変えてしまって問題ありません。
ただ、心がけておきたいのが、あくまでお祝いをする側であるということになってきます。
男性の場合ですと、あまり大きな差はありませんが、女性の場合ですと、ドレスを着用して出席させてもらうケースが多いわけでして、この衣装というものが新婦の方の衣装よりも目立たない方が良いでしょう。
ですから、男性よりも女性の方が、着ていく衣装については、難しいのかもしれません。
もちろん、男性であってもあまり目立ちすぎない格好が良いです。
こちらでは、結婚披露宴のゲストのドレスコードを詳しく解説していました。ご覧になってみてください。