Wedding Party Image

結婚披露宴のワンピースのマナー

友人や会社の先輩の結婚披露宴、どのようなワンピースを着用して参加すればいいのか悩んでいる方も多いかと思います。
特に女性の場合は、様々な決まり事があり、単に華やかな高価なワンピースであれば、どのようなデザインを選んでも良いという訳ではありません。
結婚披露宴の階級や時間帯によって服装やアクセサリーのスタイルが違ってきますので気をつけて下さい。
正装には、正礼装のフォーマルウェアー、準礼装のセミフォーマル、略礼装のインフォーマルの3種類あります。
結婚式や披露宴の時間帯を問わず、白やアイボリーやグレーの角度や照明の加減によって、白のように見える色は避けましょう。
何故かと言いますと、結婚式や披露宴では、多くの花嫁が白いウェディングドレスを着用します。
結婚式や披露宴の主役は、もちろん花嫁と花婿なので、その主役達を最大限に引き立てるという意味で、花嫁と被る色の服は着用しない事がマナーの一つになっています。
また、昼の結婚式や披露宴では、キャミソールのような胸や肩や背中などの露出度が高い服も、花婿を誘惑しているという意味で、マナー違反となります。
ですので、露出度の高い服は、その上にストールやボレロやジャケットなどを羽織り、肌を隠しましょう。


昼の結婚披露宴におけるフォーマルウェアーの場合、アフターヌーンドレスとも呼ばれるワンピースを指します。
近年は、アンサンブルやスーツなどでも構わないようです。
フォーマルウェアーのデザインは、無地の物が一般的で、合わせて身に付けるアクセサリーや小物は、真珠などの柔らかくて落ち着きのある輝きの宝石が良いとされています。
また、靴はスエードやサテンなどの素材を使った物や、なるべくヒールのあるパンプス、そしてバッグは小さめのアイテムを選びましょう。
夜の結婚披露宴におけるフォーマルウェアーの場合、アフターヌーンドレスとは全く違った方向性になり、イブニングドレスと呼ばれるワンピースになります。
アフターヌーンドレスと違い、袖や襟の無い肩や背中が大きく開いた大胆な、膝より下の丈のロングドレスが基本となります。
しかし、肌を露出したくない人は、もちろん無理に露出させる必要はありません。
また、イブニングドレスは、ビーズや宝石が散りばめられたゴージャスなデザインでも構いません。
イブニングドレスに合わせる靴はエナメル素材などのパンプスなど、バッグはアフターヌーンドレスと同様、こちらも小さめでかつ、華やかな物を選びましょう。
結婚披露宴の服装についてはこちらにも載っています。